[備忘録]ごく個人的な東北関東大震災発生直後の記憶

※完全に個人的な、記憶を頼りにした備忘録です。間違い等あると思いますがご了承ください。

(発生直後)
発生当時は水戸の研究室にいた。
揺れ始めは「お、かなりでかいな」程度だったが、揺れがどんどん酷くなる。
危険を感じて机の下に潜ろうとしたときになんだか激しい縦揺れまで加わる。本棚からモノが一斉に落ちてきが、なんとか上半身は机の下に潜れていた。くくり付けの棚で助かった。
かなり長い揺れ。揺れというより振り回されてる感じ。電気も消える。動けない。「おいおいおいおい!」としかいえず。
この間2〜3分?もっと短い?長い?

治まってから這い出す。治まってから出た言葉「ふざけんなボケ!しばき倒すぞ!くそ!」。えーと誰を?地球?
モバイル機器・貴重品を鞄に突っ込み、コートを本の下から引っ張りだし、ペットボトルのお茶をコートのポッケに突っ込んで建物から出る。
左手数カ所に軽い切り傷。本をどけたときに切ったみたい。
人が集まりだしたグラウンドに移動。ラジオを持って出てきた先生が数名。偉い!
携帯・携帯メールはつながらず。Pocket Wi-FiやEZ-Webは接続できた。ネットは生きてる。iPadで状況確認できる。自分で自分をほめてあげたい。
大きな余震が続く。
いったん学内にいる人間が一カ所に集まる。幸い大きなけが人も出ていないようでほっとする。

(その後)
一帯が停電してる(というかライフライン全滅)ので大渋滞だしガソリンも入れられないだろうから大学駐車場で車中泊することにした。建物内はちょっと怖い。
車中泊は慣れている。DC-ACコンバーターもある。寝袋も積んである。やってて良かった車中泊。

東京の自宅と連絡が取れない。電話・メールはつながらないのでTwitterが頼みだったが、妻はTwitterやってない(なんてこった!)。
夕方くらいにやっとメールがつながった。無事で何より。夜に一回だけ携帯で通話できた。妻も自宅も何ともない。猫はあんな状態なのにガン寝してたらしい。猫は天災にすら無関心なのか?

TwitterでつぶやきながらワンセグでNHKを観る。茨城の情報ぜんぜんやってくれない。
Twitterの情報が大変助かる。ガセとか無駄なRTとかその時はどうでも良かった。地域情報が手に入る。
余震は続くよどこまでも。寝付けやしない。緊急地震速報がなる頃にはもう揺れてるっつーの。
食べ物がない中、鞄の中にパチンコの景品のお菓子が少しあった。やってて良かった(?)
ペットボトルのお茶を持ち出したのは大正解。
真っ暗闇なので星がきれいだ。
明け方になってイーモバイルが圏外に。しばらくしてauも圏外に。基地局のバッテリー切れ?
通信手段がないと恐怖感がとても大きい。

(翌日)
9時頃に大学近辺の電気が復旧。速攻でガソリンスタンドに行く。まだ10台程度しか並んでいない。間に合った。
電気以外はまだ復旧が見込めなさそうなので、混雑覚悟で東京へ向かう。
電気の復旧は場所によってまちまち。信号が消えてる区間が結構あった。
地割れもかなりある。石岡では橋がへこんでた。
土浦を過ぎると町は一見普通だが、水が出ないようだ。コンビニにも何もない。トイレも使えない。
国道6号沿いを歩く人がやたら多い。帰宅難民の人のようだ。常磐線が我孫子まで復旧したからだろうなあ。我孫子から牛久までってどんだけ?ご苦労様です。
利根川を渡って、24時間以上ぶりにまともに食べ物を食べた。柏のローソンでからあげクン。
都内一般道、上野から乗った首都高はがらがら。13時間で自宅に着いた。

This entry was posted in 戯言. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">